青天の霹靂 米日記

今日のおかずと青天の霹靂 ~大澤隊員~

「今日のおかずと青天の霹靂」のPR隊編、第2回目は大澤隊員です。

oosawa.jpg

お魚の知識が豊富なお魚博士なんです♪
そして料理上手・・・!
今回はどんなお魚料理を紹介してくれるのでしょうか(^^)


~真鯛と青天の霹靂~

「青天の霹靂」PR隊の大澤です。

自己PRで「ご飯に合う魚料理はお任せ下さい」と言ってしまった手前、

そろそろ何か魚料理を発信せねばと思い、

隊長の次にブログを書かせていただきます!

魚料理第一弾は、「真鯛編」をお送りいたします。

青森県の陸奥湾全域は、真鯛釣りの好ポイントとして全国の愛釣家から注目を浴びています。

特に秋の真鯛は大型で脂が乗り、この時期は夜明け前から釣りを楽しむ方々がたくさんいらっしゃいます。

とある日、むつ市の知合いの漁師さんから

「たいつれでらどー、つりさこー!(鯛釣れてるから釣りにこい)」

との電話をいただきました。

朝五時にむつ市の漁港を出港なので、夜明け、というか夜中に青森市の自宅を出発しワクワク♪ドキドキ♪
真鯛釣りに行ってきました。

結果は・・・

どーーーん!
鯛.jpgのサムネイル画像

真鯛、釣ったどー!!!


・・・と言いたいところですが、私は釣れず
。。。

たくさん釣り上げたベテラン釣り師が2匹恵んでくれました。
しかも
40cmオーバー。

真鯛を堪能するにはちょうど良いサイズです♪

さて、せっかくもらった鯛、美味しく調理させていただきます。

まずは、自宅の狭い台所でせっせと三枚おろしに。
真鯛は骨が硬いので一苦労(^^;

鯛おろし.jpg

これを柵にして、皮に熱湯をかけて湯引きにして薄くスライス♪

刺身.jpg

真鯛に限らず、魚は皮と身の間に美味しい脂とコラーゲンがたっぷり含まれていて、
皮を剥いて刺身にするのはもったいないです!
できれば皮も一緒に食べましょう!

皮に熱湯をかけることによって、余計な生臭みが取れ、
皮はプルプルシャキシャキ、身もプリプリになります。

刺身の次は、アラ汁です!
頭とアラは臭みを落とすために熱湯で軽く洗って、酒と塩でシンプルに味付け。

時間がある時は、アラに塩を振って一晩寝かせると、余計な水分が抜け、魚のタンパク質が旨味成分に変わるため、一層美味しいアラ汁になります。
あとは、軽く焼いてからアラ汁にするのもオススメです。

刺身以外の身は、焼き色がつく程度に焼いてからほぐし、
味噌と砂糖、みりんに酒を加えて、水分が無くなるまでフライパンで煎って鯛味噌に。

こんな食卓になりました♪

食卓.jpg

真鯛尽くしに青天の霹靂って、ちょー豪華♪♪♪

男料理なので彩りはありません(笑

鯛味噌リフト.jpg

鯛味噌オンザ青天の霹靂。
鯛と味噌の風味が青天の霹靂の美味しさを一層引き立てます。

・・・鯛の刺身多かったなぁ。。。


ってことで、
おもむろに、余った鯛の刺身と鯛味噌を青天の霹靂へ乗せてみる。

鯛茶.jpg

いやいや、この流れ、まさかね。

やっちゃいけないでしょ。


青天の霹靂は、もちもち食感が特徴のお米です。

おかずを乗せて食べると、とっても美味しいお米です。

いくらおかずを選ばないお米と言っても、やっちゃいけないことってありますよね。

まさか、ね。。。

鯛茶①.jpg

あー、我慢できずにやっちまった!


熱々のアラ汁をぶっかけて鯛茶漬け。

これは青天の霹靂の特徴を台無しにしてしまっている。

PR隊として失格、隊長から除隊を命じられてしまう!

と思いきや、、、あれ?

お茶漬けにしたからお米がほぐれてサラサラなんだけど、
青天の霹靂の一粒一粒のもちもち感はしっかり残ってる。

アラ汁の塩気で青天の霹靂の甘味も更に増している。

うめぇぇぇ!

いやー、新しい発見です。

ほんと青天の霹靂はどんな料理にも合いますね!

まさかお茶漬けにしてもうまいなんて思いもしませんでした。



真鯛釣りに連れてってくれた漁師さんに感謝!
(お礼に青天の霹靂
5kgを渡してちゃっかり米のPRしました。)

真鯛をくれたベテラン釣り師さんに感謝!

青天の霹靂を栽培してくれた農家さんに感謝!

ご馳走様でした!

ご飯に合う魚料理「もらった真鯛編」はここまで。

次回、ご飯に合う魚料理「自分で釣ったサバ編(笑)」をお楽しみに♪

サバ.jpg