青天の霹靂 米日記

28年産の「青天の霹靂」も最高の品質でお届けします!

 デビュー年となった平成27年産の「青天の霹靂」は、天候にも恵まれ、品質も素晴らしいものが生産できました。消費者の皆さんにも喜んでもらえて、嬉しい限りです。

 今年は、夏頃から特Aクラスのお米が全国的に話題となり、「青天の霹靂」も、全国の居並ぶ有名ブランド米と一緒に報道される機会が多かったです。運の良さを感じます。

 さて、12月17日(木)に、中南地域「青天の霹靂」生産指導プロジェクトチームの連絡会議が開催されました。第3回目となる今回の会議では、27年産「青天の霹靂」の生育状況の検証・分析と28年産の活動方針について話し合いました。

会議写真.JPG

27年産は、生産数量も少なくご迷惑をおかけしましたが、28年産は、生産量も、ぐっと増える予定です。

 会議メンバー一同、28年産に向けて、「良食味・高品質生産で『青天の霹靂』をトップブランドに育てよう!」を合い言葉に、「栽培マニュアル」を遵守して、高い評価をいただいた今年産と変わらぬ美味しさと、確かな品質で消費者に提供していこう、という活動方針を申し合わせました。

マニュアル写真.JPG

(中南地域県民局地域農林水産部)