青天の霹靂 米日記

「『青天の霹靂』デビュー記念ディナー in ジョシマル」でPRしてきました!

11月27日(金)、東奥日報社女性倶楽部「ジョシマル」主催のディナーにPR隊の三浦大和隊員が駆けつけ、「青天の霹靂」のPRをしてきました。

会場は、青森市浜田にある「フレアージュスイート」さん。結婚式場でよく利用されているところですね。

会場.JPG

この日は、「青天の霹靂」デビューを記念したディナーということで、「青天の霹靂」を使った料理が登場! 定員を大幅に超える申し込みがあったため、抽選により参加者が選ばれたそうです。

三浦隊員の出番は、ディナー前。

青天の霹靂ディナー三浦.JPG

開始前、普段は軽快なトークが持ち味の三浦隊員も、総勢50名の女性を前にやや緊張気味でしたが、「青天の霹靂」のおいしさの秘密や、おいしい炊き方などをPRし、和やかな雰囲気のまま、無事に務めを果たしました。

さてさて、この日に振る舞われた料理は、デザートを含めて全部で6品。いずれも、腕利きシェフによる特別メニューで、その一部をご紹介します。

青天の霹靂ディナーヤリイカ.JPG

【青森県産ヤリイカと青天の霹靂の南フランス風ファルシ ラタトゥイユ添え】

「青天の霹靂」をブイヨンとサフランで炊いたものをヤリイカに詰めたもので、上に盛られたラタトゥイユとともにいただきます。見た目もオシャレですね~。

青天の霹靂ディナー鯛茶漬け.JPG

【 鯛の出汁茶漬け 柚子と黒胡麻風味】

一転して、和のテイストです。醤油とみりん、すり黒ごまで漬けた鯛を乗せ、鰹の出汁をかけて味わう「青天の霹靂」の極上の鯛茶漬けです。見ているだけでお腹がなってきそうですね。

デザート.JPG

【きな粉のフリアン ユリ根のグラスと共に 米粉のチュイル添え】

デザートは、「青天の霹靂」とユリ根をつかったアイスで、下は米粉のクッキーです。すごく甘いですよ~。

参加者からは、「青天の霹靂は、想像していたものよりもちもちした食感で、色々な人に伝えたい。」、「これからもっと青天の霹靂を食べていきたい。」、「教えてもらった炊き方で、子ども達に早く食べさせてあげたい。」という感想も聞かれ、素晴らしいディナーとなったようです。

この日のお土産は、「青天の霹靂」2kg。次はぜひ、ご家庭で「驚きの旨さ」を味わって欲しいです。・・・あ~、参加したかったなぁ。