青天の霹靂 米日記

今日の米作り~中南地域「青天の霹靂」フォーラムが開催されました~

2016年2月26日(金)に、南津軽郡藤崎町の藤崎町文化センターで、生産者の皆さん、関係者約100名が参加して、「中南地域『青天の霹靂』フォーラム」が開催されました。

青森県産品PRキャラクター「決め手くん」も新調した青天の霹靂のはっぴを着てお出迎えです。

IMG_0013決め手くん (500x375).jpg

会場には、このブログに掲載した平成27年産の写真や、首都圏での販売の様子も展示。
来場者が興味深く見ていました。

CIMG0293展示 (500x375).jpg

テーマは「良食味・高品質生産で『青天の霹靂』をトップブランドに育てよう!」です。
折しも昨日、食味ランキングの発表があり、平成27年産「青天の霹靂」が特Aランクを獲得!!
当部の西谷部長も「自分たちの子供のようにブランドを育てていただきたい」と思わず力が入ります。

CIMG0318西谷部長トリミング (500x371).jpg

基調講演では、首都圏で「青天の霹靂」のセールスに飛び回っているJA全農あおもりの泉谷剛副審査役から首都圏での評判や、安定した品質の重要性について、豊富なエピソードを交えて情報提供していただきました。

IMG_0031泉谷副審査役 (500x375).jpg

続くパネルディスカッションでは、当部農業普及振興室の工藤室長がコーディネーターとなり、講師の泉谷剛副審査役に加え、JA津軽みらい特Aクラス米生産研究会副会長の工藤憲男さん、県米穀集荷協同組合生産部会長の齊藤嗣郎さん、農林総合研究所作物部長の野沢智裕さん、JA津軽みらい副調査役の山口博之さんが登壇して、平成27産の状況、平成28年産の注意点、今後のブランドづくりに向けた意気込みなどを、熱く語り合いました。

IMG_0047パネルディスカッション (500x375).jpg

生産者はじめ関係者が一体となって、平成28年産「青天の霹靂」も平成27年産とかわらない高い品質と美味しさを消費者の皆様に届けます。

(中南地域県民局地域農林水産部)